YZ125X もうちょっとマイルド化!?計画

昨日パーク神戸で思ったYZ125Xのマイルド化

理想はスプリントとEDマシンの2台体制がベストですが

2人の子を持つ庶民のワタクシには

嫁の目が痛うゴザイマス(泣笑)



2スト特有のトルクの角を丸くする

方法として


点火進角を遅角させてみたり

フライホイールの重量化、

ベースガスケットを二枚にして圧縮を落とす

キャブを濃い目にしてぼかす

等ゴザイマスが、


進角調整は現地で変更が面倒

フライホイールは王道ですが

吹けの軽さがスポイルされるのが寂しいのと

クランク軸への負担増加があるので一旦保留。

ガスケットはポート位置が上がるので吸排気特性までも変わっちゃう

濃い目のキャブセットは渋滞時やウッズでかぶると厄介

あ、文句ばっかり言ってますね スミマセン…


で思いつきましたのが

プラグにガスケットを噛まし、燃焼室容積を稼ぎ圧縮を下げると言う手法

何よりもあっという間に元に戻せる手軽さ、コストもほぼゼロ!

ちょいと貧乏チューン感はゴザイマスが(*ノωノ)



思惑としては


ポンピングロス低下に因る、

良好な耐ストール性のさらなる向上や

角の無いスムースな回転と穏やかなレスポンス

点火位置が上に来ることで、結果的に遅角したような効果もある?

なんて都合の良い事を考えています

狙いは軽く回るだけのパンチの無いエンジン!

と言う事…?



考えられるリスクは

燃焼室形状変化から

S/V比も悪いので

普通にパワーダウン

発火位置の差異、温度と圧力上昇箇所の違い、

からくるヘッド等へのダメージ他

そもそもYZ125よりXは圧縮が低いのに

まともに走るのか?



コレが本当に自分の求めるものかも分かりませんが

まぁ、やってみなくちゃ判らんです!


で、取り敢えず変化が分かりやすいように

少し極端に1.4㎜厚アルミガスケットを3枚重ねてみました!

掛るネジ山の量は充分ですので圧縮に負けて破損はしない!

と思う…


で、キックしてみる。


あっさりと始動。

少し暖機してからレーシングしてみますが、レスポンスに違いは感じません。

敷地内は狭く走れませんが、極低速でのクラッチフィールを試すと…


明らかにクラッチインのフィーリングに角が無く

耐ストール性も向上している事は分かります

ココまでは狙い通り( *´艸`)


ただ、実際走るとどうなんだろうねぇ?

良いのかなぁ、色々弊害有るのかなぁ…

あからさまに柔らかなレスポンスなんで駄目かもね


枚数変えたらどうだろ?

あー早く試してみたいですー(`・∀・´)


ただ、上手ければこんな事しなくていいんだよな(笑)


(続く)



#YZ125X #YZ125X初心者 #YZ125Xハードエンデューロ #YZ125X点火進角

#YZ125X圧縮 #YZ125Xレスポンス 




特集記事
最新記事