Z750D タイヤ交換とスイングアーム交換


本日はいつもお世話になっておりますM様のZ750Dのタイヤ交換と

Z1000Mk2用アルミスイングアームの交換です!

タイヤはダンロップのメジャーな銘柄D601です

TT100GPのクラシカルな外観と意外とハイグリップなキャラクターも捨てがたいのですが

アルミスイングアームに換装するにあたって

ちょっとモダンなルックスをチョイスするあたりに

オーナー様のこだわりを感じます(*´ω`*)

しかしながらZはチューブホイールでビードストッパ―2個掛けです

用意したGT601はチューブレスタイヤでサイドウォールの剛性が非常に高く

普段オフタイヤをしょっちゅう交換しているオギーをもってしても

かなり神経を使う作業となりました(;´∀`)

で、スイングアームなんですが、

付きそうで付かない!

ピボット部分等はカラー等で大きな問題もなく嵌りましたが

アーム自体がタンデムステップ完全に干渉する

サスペンション取り付け幅が違い、サスが後から見て内股になってしまいます

さらにはキャリパーのトルクロッドが15ミリ程ずれる為

力技でやればつきますが、性能的に意味が無いので

一旦お蔵入りとなってしまいました。残念…

また改めてチャレンジしたいですね!

有難うございました!

#Z750Dタイヤ交換 #Z750Dスイングアーム交換

特集記事
最新記事
アーカイブ