YZ125X チャンバー修理!(゚Д゚;)


先週の練習でべっこり凹んだチャンバー

ワタクシがセレブであればクロスアップさんにFMF注文!っと言えるのですが

ご存知の通り庶民で御座います。

我が家の財務省に新品交換などと、どの口が言えましょうか(-_-)

とは言え、性能上そのままはイケません

と言う事で、節約も兼ねて修理のスキルを身につけましょうか!

で、ネットを検索すると主に水圧で修理する方法と空気圧で修理する方法があるようです。

水圧の利用ですと修正時全ての面に同じ圧が掛るため、

エッジの立ったへこみの場合、ソコの強度は増しているので

修正するには、かなりの圧を掛ける必要があると思います。

実際、チャンバーの割れや水漏れがあるようですし水圧を掛けるポンプなんてないので却下。

空気圧ですと、エッジが立った凹みでも鉄板を炙る事でその部分の硬度を下げる事が出来るので

遥かに低い圧で行けるんでないかとの目論見でコチラを採用!

治具はネットの見様見真似。見た目のクオリティは最低ですが、急造なのでご勘弁を…

では上手く行くかな?

修正前(*´Д`)

修正前(*´Д`)

修正後(゚∀゚)b

修正後(゚∀゚)b

おお!ほぼ完全復活!!

やるやん俺!

修正時にハンマーなどで微調整すればもっと綺麗にRが出せるのですが、

欲を出すと穴開けちゃったりしそうなので性能に問題ない程度でやめておきます!

溶接のリブがある部分がベッコリで、

ダメージは写真以上に酷かったのですが

熱を加え軟化させた事で上手く戻りました!

治具の材料費は2000円程度ですが、製作時間を考えると

既製品を買うべきかもですがまぁ上手く行ったのでヨシとしましょう!!

コレで安心して転べますね(゚∀゚)

#チャンバー修正 #YZ125X

特集記事
最新記事
アーカイブ