YZ125X のサスを ハードスプリング にしてみるでござる②  実走偏@パーク神戸 マディ路面


先日ハードスプリングに変更したワタクシのYZ125X

走行インプレです!





先ずは超マディ(ジャバジャバ→ネチネチ路面)

での練習日でのインプレ


基礎練コース (基本フラット 深い轍、バンク有)

コーナー進入時、寝かし込みに嫌な挙動は無し

寧ろ、重い路面の割には軽快感あり嫌いじゃない。

練習後半、路面水分が抜け始めた

ネチネチの纏わりつく泥でもいつもより良い感じ


タイトな轍の出口では前に進む感はあるが

挙動がシビアでフロントが浮いてしまう

(Rの圧ダンパーを掛けると落ち着いた)




MXコース 

どうしても速度域が低くなってしまい、

路面も柔らかいので正確な判断ではないカモですが

ストレート終盤のハイスピードで突っ込むギャップが楽に感じる(特にフロント)


ヌタヌタの割にフープスの処理もしやすい

反力が有り、谷にマシンが落ち切らないのかな?


もともとジャンプは超下手なので、跳べないのですが

間違いなく距離は出ている感じ

進入いつもより遅いのにテーブルが越えていける


リアバネの方が硬いので

いつもよりフロントローの姿勢に成りやすい筈が

何故かフロントアップになる事が多かった

走り方?ちょっと不思議…




林道コース

特に走りにくくもなく、動きは軽快で

割と好印象です。


が、木の根の連続地帯や、少し深いギャップ

歩くような速度で走るセクションでは

ポインポインに跳ねてしまい

とても走りにくい…


特にリアが顕著で

リアの伸びを硬くすることで

嫌な挙動をかなり抑える事が出来ましたが

軽快感が薄れそれはそれで少し微妙な印象


フロントダンパー

圧、伸びそれぞれ硬くしたが

どちらも動きに渋さが出て自分にはダメ

特に伸びを硬くし過ぎるのは

自分には合わないみたい


マディでの総評

案外走りやすく、基本好印象


ただし

極低速域でのリアの跳ねは超絶合わない


フロントは特に不具合を感じない

全域で好印象


ちなみにバネを硬くするのと

ダンパーを硬くする事に

相互補完がない事を

改めて体感できたのは大きな収穫。



具体的に硬くすると

バネはボインボイン!

ダンパーはガツガツ!

(で、この語彙力www)


でも、コレが分かってくると

どうしたいかの解が具体的に

求めやすくなりそうです(*^^*)



と言う事で次回はドライでのインプレですよー


 




 

特集記事
最新記事